慈光山弘専寺BLOG

ARTICLE PAGE

令和4年 秋の永代経



11月11日は秋の永代経法要を勤めました。


中庭のもみじも散り、朝晩は冷えますが、日中は気持ちのよい秋晴れの中での法要でした。遠方からもお参りに来られた方が多く、有難いことです。


また連日のコロナ増の報道の中、人の集まりに参加することに不安のある方もいたと思います。前日には濃厚接触者になったので参詣は控えます、というご連絡もいただいたりしましたので、今回は来れなかった方もいたように思います。






御法話は増毛町西暁寺の藤法順師でした。
昨年までの2年は御住職様に来ていただきましたが、今年は若院様で、はじめてのご縁です。


午前のみの一席の御法話でしたが、永代経の意味から、阿弥陀様のお救いについてお聴聞させていただきました。


秋の永代経が今年最後の法要ですので、これが終わるとお寺も大きな行事が終わったという気持ちでほっとします。






今年も11月を過ぎました。残すところもあとわずかとなりました。
日毎に暗くなる時間が早まるこの時期ですが、一日を大切に過ごしたいものです。

0 Comments